南部鉄瓶

NANBU TETSUBIN

※酸化皮膜仕上げとは炭火で約1時間、赤熟することで、鉄の表面を酸化させて皮膜を作ります。錆止めの効果があり、昔から鉄瓶製造に用いられる技術の一つです。 ※容量表示は満水容量です。適正容量の目安は満水容量×80%です。